サロンからの声

実際のサロンで、CA101シリーズが美容のプロにも選ばれています。

大切なのは、肌本来の力を導き出すこと。CA101はそれを叶えてくれます。

アロマサロン「MeG Salon」 セラピスト 中田裕子さん

私のいるサロンでは、全ての肌タイプの方のフェイシャルコースに「CA101 ウォッシングミルク」を使用しています。お客様はウォッシングミルクの泡を肌にのせられた感じで他の洗顔料との違いがわかるようで、「何を使っているんですか?」とよく尋ねられ、「泡が気持ちいい」と言われることも多いですね。CA101は肌に必要な潤いは残して汚れだけを落とすので、お肌への刺激も少なく洗い上がりのしっとり感が断然違います。なので乾燥肌や敏感肌の方へは必ずおすすめしています。

月に1度いらっしゃるお客様でご自宅でも使っていただいた方は、次回の来店時には「肌の調子がすごくいいんです」と喜んでおられました。お肌に触れると、前回とは「もっちり感」が違うのがはっきり分かり、小鼻のまわりの黒ずみがかなり解消されザラつきもなくなって、古い角質がしっかり取れていると感じました。1ヶ月でこれだけ変われるというのは、肌の汚れをきちんと落とせて、潤いをしっかり蓄えられるケアの証拠です。

私自身もこれ1本でメイク落としも洗顔もできるというのがとても気に入っています。皆さんもそうだと思うのですが、日頃忙しくて丁寧にケアする時間がなかなかとれないですよね。その点CA101シリーズは、とてもシンプルなケアでいいですね。「補う」ことも大切ですが、その肌が持つ「本来の力」を高めるという考えにもとても共感できます。沢山のスキンケア商品を使いこなす事よりも簡単に、自分の肌自体の美しさを高める方が、10年先20年先の事を考えると、すごく大切なことだと思いますね。

シンプルケアなのに効果的! お客様のお肌の変化が手にとるようにわかります。

エステティックサロン「るーちゃい。」 代表那良敬子さん

私自身、数年前に更年期で崩れがちだった皮脂バランスも、この「CA101 ウォッシングミルク」の使用で落ち着きました。以前は多少シミもありましたが、「ウォッシングミルク」と「薬用ホワイトニングエッセンス」の効果で、この年齢になっても「シミのない肌」とお褒めの言葉を頂戴します。

相乗効果がありますから、お客様にも2本セットでお勧めしています。この2本は年齢や、肌質に関係なく、即効性がありますね。私だけでなく、アトピー+乾燥肌の娘も愛用しており、どんな肌タイプの方にも安心してお勧めできるのは、CA101シリーズがとてもナチュラルだからだと思います。お客様の肌の状態が良くなっていくのをマッサージ中、指の腹で感じます。お客様ご自身でも、ファンデーションのノリや、周りの方に褒められて実感なさるようです。 お客様に喜んで頂けると、私たちも嬉しいですね。

日々のシャンプーが頭皮と髪を変える。痛めるのも育むのもあなた次第です。

「ジェニファーヘアー&ビューティーインターナショナル」 美容師 藤崎広志さん

 カラーリングやパーマが当然な時代になったこともあって、地肌が傷み、結果としてダメージヘアに悩む方が増えてきました。健康で美しい髪は、すこやかな頭皮から生まれます。頭皮のケアには良質なシャンプーを選ぶことが最も大切です。石油系の界面活性剤が入ったシャンプーを使い続けると、毛根の毛母細胞を弱らせ、毛が細くなったり脱毛してしまう危険があります。将来の髪と頭皮の健康を考えて、日頃から「薬用ブラック・スカルプ・ヘアソーブ」のような天然成分を多く含んだ良質なシャンプーを選んで、使っていただきたいですね。

最近のカラーリング等の流行を見ると、薄毛や脱毛があらわれてくる年齢はこれからもっと若年化してくるでしょう。いつまでも若々しくすこやかでいるために、頭皮の健康を見つめてみてはいかがでしょうか。

頭皮はすっきり、髪はしっとり。使い続けると、違いがはっきりあらわれます。

「リベルテ21」 美容師 澤田秀見さん

「スカルプシャンプー」と名のつくものは一般的に洗浄力が強く、髪に必要な潤いまで取り去ってしまうものが多いのですが、この「薬用ブラック・スカルプ・ヘアソープ」はそれらとは全く違ってやさしい使い心地に驚きました。ご自宅用に求められる方も多く、ご愛用の方の頭皮は皮脂汚れもしっかり取れているし、髪もハリがあって、しっとりしています。合わないシャンブーの使用は、頭皮の汚れを落としきれず、皮脂分泌のバランスまで崩す恐れがあります。ご自身では洗っているつもりでも、頭皮までしっかり洗えてないんですね。また、爪を立てて洗っていて、反対に頭皮を傷つけてしまっている方も多くお見受けします。

サロンでの特別なマッサージをしなくても、普段のシャンプー時に指の腹で揉むように洗うだけで充分に効果があります。毎日、お顔をケアするように、頭も触ってあげるといいですね。「スカルプケア」を始めるのに早い/遅いはありませんから、少しずつでも毎日心掛けてあげるといいと思います。

ページトップへ戻る